仮性包茎を改善するためには?包茎の種類と治療法

- 外見によるコンプレックス

外見によるコンプレックス

そもそも包茎って、どのようなものでしょうか。
言ってしまえば、陰茎に包皮が被っている状態のことを包茎と言います。但し、あまり気にする必要も無いでしょう。

日本人成人男性のうち、約6割は包茎であると言われています。しかし、その中から実際に病院などで治療が必要になる場合、
カントン包茎や真性包茎という、症状として重いものも存在しますが、あくまでも包茎自体は一般的なものなのです。
どうしても、日本では共同で入浴する機会が多いので、外見によるコンプレックスはあります。
特に、陰茎というのは、男の象徴と言い換えても良いでしょう。それが小さいというのは、それだけでコンプレックスです。
ですが、本人が思っているよりも、そんなに周囲は見ていません。特に、女性は尚更と言わざるを得ないでしょう。

普通に愛し合って、性行為によってきちんと快楽が得られ、子供が出来るのであれば、悩む必要はありません。
日本で一般的に包茎と呼ばれるのは、勃起時には皮の被らない仮性包茎と呼ばれるものです。
これは、常日頃から陰茎を清潔に保っているならば、そこまで心配する必要もありません。
但し、包茎は包茎でも、勃起時にも皮が被ったままの真性包茎、無理に皮を剥いたために皮が戻らないカントン包茎など。
これらを放置することは、非常に危険です。リンパ管や血管を圧迫するための、血が通わず、壊死する可能性の他にも、皮と陰茎の間に、垢や菌が入り込むことによって、性病のキャリアになったりする可能性もあります。
このような場合は、最悪全切除という可能性も考えられますので、注意が必要です。
基本的に、包茎は、陰茎の異常、病気です。
しかし、一般的に日本で言われる仮性包茎は、名前の通り、仮の包茎であって、異常などではない事を知っておきましょう。

仮性包茎治療というもの

国際的な医療基準に照らし合わせると、本来、仮性包茎というものは存在していません。
皮が被っている、包茎というのは、所謂、真性包茎の事を指し、区別されていません。
仮性包茎は、基本的に誰でもなる可能性を持っており、大体成人男性の七割が仮性包茎だとされています。
そのため、本来であれば、仮性包茎治療というものは、あまりに不潔であるとか、性病の可能性があるという場合のみです。
必要に迫られてというようなケースは、まずありえないので、注意しておきましょう。

勿論、仮性包茎に対しても施術は行えます。しかし、本来、包茎手術というのは、陰茎の異常を取り除く医療行為であり、
仮性包茎の手術は、言うなれば美容整形であり、本人の生活を改善するための方法に過ぎないことを理解しておきましょう。
では、実際に、仮性包茎に対する治療は、一体、どのようなものなのか。
そもそも仮性包茎というのは、通常時は包皮に包まれているが、勃起時には向けている状態のことを指します。
一番早いのは、常に亀頭を露出させるような形に、包皮を切除してしまう、もしくは、矯正することです。
切除に関しては、専門のクリニックや泌尿器科に問い合わせてみましょう。
矯正するならば、矯正具が必要になります。亀頭を露出した包皮の状態を維持するために、包茎矯正リングを嵌めるのです。
くれぐれも、自己の勝手な判断で行わないこと。最悪の場合、機能不全や全切除ということにもなりかねません。
また、仮性包茎の場合、単純に陰茎が小さくて起きている場合と、皮が長いために起きている場合の二通りあります。
小さいのであれば、亜鉛などを摂取することで体質改善で成長が見込めますが、
皮が長い場合は、その部分から炎症を引き起こす可能性がありますので、出来るだけ、治療を受けましょう。

更新情報

[2014-03-07]
外見によるコンプレックスの情報を更新しました。
[2014-03-03]
当HP管理に関する総合情報を新規投稿しました。
[2014-03-03]
当サイトのメール相談はこちらを新規投稿しました。
[2014-03-03]
サイトマップの情報を更新しました。
[2013-01-21]
手術を受ければ良いというような問題でもないのですを新規投稿しました。
ページ上に戻る